水彩アーティスト資格 and 水彩画インストラクター資格
水彩画資格

水彩画資格

※アフィリエイト広告を利用しています。

水彩アーティスト資格 and 水彩画インストラクター資格は、水彩画資格のプロを目指す人に最適な民間資格です。講座を受けて認定されると協会公認のディプロマが発行されます。

水彩画資格とは?

水彩画は、水で溶かして使う絵具を用いて描く絵画のこと。

気軽に始める趣味
水彩画は、水で溶かして使う絵具を用いて描く絵画のこと。透き通るような、みずみずしい美しさが魅力です。小・中学校の授業などでは、重ね塗りがしやすい不透明水彩を用いますが、本格的なものになると下の色が透けて見える透明水彩を用いて描きます。

水彩画の魅力 水彩画の道具は100円ショップなどでも購入することができ、油絵に比べて技法も難しくありません。気軽に取り組めるのも水彩画の魅力です。

通信講座で身につく内容

水彩の基礎知識

水彩の基礎知識

絵の具の種類、筆について

絵の具の種類、筆について

水彩画を描く手順

水彩画を描く手順

構図のとり方

構図のとり方

取得できる資格

水彩アーティスト

水彩アーティスト
日本デザインプランナー協会主催の資格

水彩アーティストとして、水彩の基礎知識、技法、構図の考え方に関する知識を有していることが証明されます。例えば、水彩画の絵具の種類、モチーフの種類、絵具について、用紙について、筆について、色の作り方、筆の選び方、紙の選び方や保存方法、パレットの種類や使用方法、水彩画を描く際に必要となる道具の基礎知識を有していることが証明されます。資格取得後は、水彩アーティストとして活躍でき、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。

水彩画インストラクター
日本インストラクター技術協会主催の資格

水彩画インストラクターとして、水彩画を描く手順やコツ、静物画の描き方、風景画の描き方、人物画の描き方、ファーストウォッシュ、陰影の技法と描きこみ、水の表現方法、光の表現方法、空の表現方法、道具ごとの構図を描く際のテクニック、水彩画を描く際の基本の手順、色作り、混色と重色について、構図の決め方、塗り方の基本、デッサンの上達方法、応用的な塗り方のテクニック、上達するための応用的なスキルを有していることが証明されます。資格取得後は、水彩画インストラクターとして活躍でき、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。

水彩アーティスト資格

発行されるディプロマ
水彩アーティスト資格

日本デザインプランナー協会

水彩画インストラクター資格

発行されるディプロマ
水彩画インストラクター

日本インストラクター技術協会

卒業後の道

水彩画講師

水彩画講師
自宅やカルチャースクールで、水彩画講師として活躍できます。専業にするだけでなく、休日を活用して副業として取り組むことも可能です。

イラストレーターに

イラストレーターに
自分の表現したい世界を作品にしたり、顧客の要望を聞いて絵で表現したりする、イラストレーターとしてのキャリアを歩むことも可能です。資格があれば客観的にスキルを証明できるので、企業から声もかかりやすくなるでしょう。

資格取得費用の目安

基本コース 59,800円
プラチナコース 79,800円
※これ以外にかかる認定料や入会金などの最新の情報は公式HPをご確認ください。

   

関連記事

  1. wire1

    【大阪認定校】ワイヤークラフト認定講師講座

  2. glutenfree05

    グルテンフリースイーツマスター

  3. アクアリウム資格

    アクアリウム資格

  4. POP広告デザイナー資格+POP広告アーティスト資格

    POP広告デザイナー資格+POP広告アーティスト資格

  5. 天然石アクセサリー認定講師 資格取得講座

    天然石アクセサリー認定講師 資格取得講座

  6. ファスティング資格

    ファスティング資格

  7. wire1

    【本部校】ワイヤークラフト講師養成 認定講座 オンライン開催

  8. マクラメフレーミングアクセサリー ディプロマ通信講座

    マクラメフレーミングアクセサリーディプロマ講座

  9. 輪織りバッグ通信講座

    輪織りバッグ技能認定講座